過剰なカロリー摂取を控えることが必要になって来る

麻痺でもあきらめない

男性作業員

最低限の機能を戻す治療

脳梗塞の病気の厄介な点は、早期発見したとしても脳の一部が壊れるので体の機能がマヒします。麻痺した体は日常生活に支障をきたすので、早急に対処する必要があります。そのために治療後に行われるのが、脳梗塞専用のリハビリです。脳梗塞専用リハビリを行うメリットは、欠損した脳の機能を他が部分が補助できるように訓練します。脳は様々な細胞が常に活動しているため、一部が欠損しても機能の記憶を他の部分に覚えさせればこれまで通りに動かすことができるのです。そんな脳梗塞専用リハビリには、症状の進行度によって種類があります。脳梗塞を発症したときに、それが脳の機能の大多数が壊れてしまったときには急性期リハビリテーションを実施するのです。急性期リハビリテーションは、麻痺によって体が動かせなくなった時に2次被害を起こさないために他人の力を借りて補助することです。2次被害の代表例としては、体を動かせないことによる床ずれを起こす事そして全身の筋肉の力が衰えることで骨折しやすくなるなどが挙げられます。その状態を避けるために、全身のマッサージと寝ながらでもできる簡単な運動をしつつ床ずれを防ぐために寝返りの補助を行うのです。次に症状が回復傾向そして重症まで進まなかった場合において、本格的な回復期リハビリテーションを行います。回復期リハビリテーションは日常生活に戻れるようにする訓練であり、手足がマヒした場合には理学療法士と共に歩行訓練や細かい動作を繰り返して機能回復を目指すのです。顔面がマヒした場合には、出来る範囲で顔を動かす練習から医師監督の下で飲み込む練習をします。最後に判断能力などを失っている時には、少しずつ教材を使って脳の覚えさせるという訓練を行うのです。これらの一連の動作を重ねることで、多少のマヒは残っても日常生活に戻れる効果を発揮します。

Copyright© 2020 過剰なカロリー摂取を控えることが必要になって来る All Rights Reserved.